日本国憲法の前文を分かりやすく解説 改正前に知っておきたいこと


(出典「photoAC」)

「専制」は上の立場の人が独断で、勝手に物事を進めること。

「隷従」は盲目的に上の立場の人に従うこと。

「圧迫」は権力によって人を抑えつけること。

「偏狭」は偏った狭いものの見方で、差別につながる考え方と言えます。

「われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を

地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。」

細かい話になり申し訳ないのですが、

この部分の「平和を維持」するのが、「われら」なのか「国際社会」なのか、

その点が個人的には判断がつきかねるのですが、

①私たち日本国民が、「平和を維持」し、

国際社会が「専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる」中で、

私たち日本国民が「名誉ある地位を占めたいと思ふ。」のか、

②国際社会が「平和を維持」し「専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる」中で、

私たち日本国民が「名誉ある地位を占めたいと思ふ。」のか。

個人的に思うのはその前の文章で、

「日本国民は、恒久の平和を念願し」とありますので、ここでは①で考えたいと思います。

また憲法には元々、権力者を縛るものという意味がありますので、

「専制と隷従」という奴隷のような関係は、

国内はもちろん、国際的な関係の中でも行うべきではないことになります。

また人に対する「圧迫」は、

圧迫を受けた人から他の人への圧迫へと、連鎖していくと考えられますし、

「力による支配」というものは国内的にはもちろん、

国際的にも改めるべきのように個人的には思います。

また偏った狭いものの見方である「偏狭」は、

幅広く人の意見を聞くことや、知らないことを知ることで、

視野を広げる必要はあると思いますし、そういう教育を施すことも求められていると考えられます。

次の「われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免(まぬ)かれ、

平和のうちに生存する権利を有することを確認する。」

この部分では、全世界の国民が、恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利、

いわゆる【基本的人権】を全世界の人が持っていることを、

私たち日本国民が確認していることが書かれています。

また欠乏から免れるためには、資本主義のシステムが良いとしても、

その中で格差を少しでも縮める努力は、必要なことではないかと個人的には思います。

スポンサーリンク

日本国憲法の前文を分かりやすく解説 普遍的な政治道徳の法則とは

さてようやく、憲法の前文の最後の部分になります。

「われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、

政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、

自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。」

ここの最初の「われらは、いづれの国家も」という言葉は、

私自身は「私たち日本を含めた、世界のいずれの国々も」と解釈しています。

また「普遍的」といのは、ここでは政治の舞台、つまり人と人との関係のことを表していますので、

人と人との関係の根幹をなしているような、どこの誰に対しても当てはまるようなものだと考えられます。

また「政治道徳の法則は、普遍のものであり、」というのが難しい部分になりますが、

これは「自国のことのみに専念して他国を無視してはならない」ことが、

「政治道徳の法則」であって、それが「普遍的なもの」と書かれています。

では「自国のことのみに専念して他国を無視してはならない」という「政治道徳の法則」が、

なぜ「普遍的なもの」と言えるのでしょうか。

スポンサーリンク

良かったらこちらを