東名高速の自動車事故 危険運転致死傷や道路交通法の不備を考える

自動車で運転中に、ちょっとしたトラブルから事故に発展するケースが報道されていますし、

東名高速での事故については、追い越し車線に停車させられた車が後ろから来た車に追突されて、

乗車していた夫婦が亡くなるという痛ましい事件が発生しました。

この事件については、車を停車させた容疑者が「危険運転致死傷」ではなく、

刑罰の軽い「過失運転致死傷」であることも問題視されていますが、

私自身は法律の専門家ではないのですが、

法律をよく見てみると危険運転致死傷罪の法律や、道路交通法に問題があるように思います。

ここでは危険運転致死傷罪と道路交通法、またクラクションでトラブルになることもありますので、

クラクションに関する法律とクラクションの鳴らし方について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

東名高速の自動車事故 危険運転致死傷罪について

東名高速では追い越し車線に停車させられた車が、後ろから来た車に追突されて、

乗車していた夫婦が亡くなる事故が発生しました。

この事故の容疑者については危険運転致死傷罪ではなく、罪の軽い過失運転致死傷罪で起訴されるようです。

ここで危険運転致死傷罪を詳しく見ていただきたいと思いますが、

この罪になる要件を引用すると以下になります。

第二条 次に掲げる行為を行い、よって、人を負傷させた者は十五年以下の懲役に処し、人を死亡させた者は一年以上の有期懲役に処する。

一 アルコール又は薬物の影響により正常な運転が困難な状態で自動車を走行させる行為

二 その進行を制御することが困難な高速度で自動車を走行させる行為

三 その進行を制御する技能を有しないで自動車を走行させる行為

四 人又は車の通行を妨害する目的で、走行中の自動車の直前に進入し、

その他通行中の人又は車に著しく接近し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転する行為

五 赤色信号又はこれに相当する信号を殊更に無視し、

かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転する行為

六 通行禁止道路(道路標識若しくは道路標示により、又はその他法令の規定により自動車の通行が禁止されている道路

又はその部分であって、これを通行することが人又は車に交通の危険を生じさせるものとして政令で定めるものをいう。)

を進行し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転する行為

(引用元:http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=425AC0000000086&openerCode=1

また危険運転致死傷罪は、その運転が過失ではなく故意(意図的)による危険運転の場合に成立するようです。

危険運転致死傷罪は、傷害の場合には懲役15年以下、死亡の場合には20年以下の懲役ですから、

自動車運転過失致死傷罪の法廷刑よりも格段に重い処罰となっています。

その理由は、危険運転致死傷罪が成立するためには、

運転者が過失ではなく、故意に危険運転行為を行ったことにあります。

(引用元:http://taniharamakoto.com/archives/210/

細かく説明すると、危険運転致死傷の条文にある「一年以上の有期懲役」というのは1年以上20年以下の懲役のことですので、

上記のように傷害の場合には懲役15年以下、死亡の場合には20年以下の懲役ということになります。

今回の事故に関しては、危険運転致死傷の条文にある四番目の 

「人又は車の通行を妨害する目的で、走行中の自動車の直前に進入し、

その他通行中の人又は車に著しく接近し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転する行為」

が該当するように思えますが、この部分については以下のような目的で成立させられた法律のようです。

「通行を妨害する目的」というのは、「相手を走行させない」という意味ではなく、

 逆に、相手に自車との衝突を避けるための回避行為をとらせるなど、相手の安全運転を妨害する目的を言います。

 相手が自車との衝突を避けるため急な回避行為をするときは、重大な事故が発生しやすいことに着目したものです。

(引用元:http://taniharamakoto.com/archives/210/

車で割り込みなどをすることによって、直接相手の車が事故を起こしてしまった場合のことも想定しているようです。

今回の東名高速での事故は、容疑者本人の危険な運転で事故が起こったわけではなく、

また容疑者が被害者の車を止めたことで、直接被害者の車が事故を起こしたものではないために、

危険運転致死傷罪が成立しないとして、その適用が見送られたようです。

ただ専門家によると「交通事故」という視点からこの事件を見ると確かにそうでも、

このケースの場合は「事件」という観点で見ることを指摘する方もいますし、

最終的な認定は裁判所の審議で下されますので、立証することが難しいからと、

起訴段階で過失運転致死傷を見送ることを疑問視する声もあります。

法律は刑罰を受けることになる要件が厳格に定められていますので、

法律を細かく見てみないと判断が難しい場合もあると思いますが、

この事故については多くの方が感じているように、危険運転致死傷罪を適用すべきだと私も思いますし、

もしも今の法律に不備があってそれが無理だとすれば、

この事故をきっかけに危険運転致死傷罪の適用要件を見直す必要があるのではないか?と思います。

これまでの法律で想定していなかったことが起きた場合には、

今後そうした事件が起きないようにと法律を改正して厳罰化を進めることが、

この事件で犠牲になった方の魂を鎮め、犠牲になった方の死を無駄にしない唯一の方法のように思います。

(追記)

その後10月31日に危険運転致死傷罪で起訴されることが決まりました。


スポンサーリンク

あおり運転を規制する道路交通法 しかし前で停まる場合には?


(出典「photoAC」)

また最近ではあおり運転も多くなっているようですが、「あおり運転」は道路交通法で規制されていて、

充分な車間距離を保っていない場合には刑罰も定められていて、

2009年には道路交通法が改正されて、この刑罰は厳しいものになっています。

    改正前 改正後
違反点数 1点 2点
反則金(普通車) 6000円 9000円
罰則 5万円以下の罰金 3か月以下の懲役または5万円以下の罰金

ただ急に前に割り込んできたり、必要なく攻撃的な意図で停車して、他の車を止めるような走行をした場合の罰則は設けられていないようで、

人に危害を加える目的で急停車や割り込みなどで、他の車を強引に止めるような行為をした場合には、

免許の停止を含めた罰則の強化が求められるように思いますし、

東名高速での事件のように、他の車を止めさせたことで重大な事故が起きた場合に備えた法律の改正が必要なように思います。

ただ人や犬などが目の前に飛び出してくることで急ブレーキをかけるケースもあるとは思いますので、

自分がそうした急ブレーキをかける場合もあるかもしれませんし、

また他の車から受けた迷惑行為を立証するためには、ドライブレコーダーの装着が必要になるようにも思います。

あおり運転などが多いようですし、もしものことを考えた場合にも、

自動車にドライブレコーダーを装着することは義務化した方が良いように思いますし、

安全をお金で買う時代と言えるのかもしれません。

クラクションに関する法律とクラクションの鳴らし方について


(出典「photoAC」)

またクラクションを鳴らすことで、相手が起こってトラブルになることもあります。

実は道路交通法でクラクションに関しても定められていて、危険防止以外ではクラクションを鳴らすことは法律違反にあたるようで、

厳密には挨拶のためにクラクションを鳴らすことも違法行為に当たります。

(警音器の使用等)

第五四条

車両等(自転車以外の軽車両を除く。以下この条において同じ。)の運転者は、

次の各号に掲げる場合においては、警音器を鳴らさなければならない

一 左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど

又は見とおしのきかない上り坂の頂上で道路標識等により指定された場所を通行しようとするとき。

二 山地部の道路その他曲折が多い道路について

道路標識等により指定された区間における左右の見とおしのきかない交差点、

見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上を通行しようとするとき。

2 車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない

ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない

 (引用元:http://www.houko.com/00/01/S35/105.HTM

見通しのきかない曲がり角などではクラクションは鳴らさなければなりませんし、

その他では危険を防止するため、という場合以外では、クラクションは鳴らしてはいけないことになります。

またクラクションを鳴らすことでトラブルになる場合もありますし、

専門家によるとクラクションは、鳴らし方によって人の受け取り方も異なるようで、

0.1~0.3秒ほどの軽い「プッ」という音の場合には「あいさつ」

0.5秒ぐらいの「プー」という少し長い音の場合には「警告」

1秒以上の「ブーー」という音の場合には、「攻撃」や「怒り」と受け取られるという実験結果が出ているようです。

また危険な運転をする人にはクラクションを鳴らさない方が良いと指摘する専門家もいます。

クラクションを鳴らされることで反省する方もいるとは思いますが、

そのことで怒って攻撃的になるドライバーもいますので、クラクションを鳴らす際にも注意していただければと思いますし、

もしも必要があってクラクションを鳴らす場合にも、トラブルにならないように鳴らし方に注意していただければと思います。

(参考:TBS「ひるおび」より)

スポンサーリンク

良かったらこちらを