アメリカで銃規制が進まない理由と史上最悪の銃乱射事件の発生

目次(複数ページに分かれた記事もあります)

銃によって身を守ることの限界

日本人の私から見ると、こうした銃の乱射事件が起こると、

銃の規制が進まないことに疑問もありますが、日本とアメリカではもちろん歴史や文化も違いますので、

銃規制を進めるべきだと安易には言うべきではないのかもしれません。

ガンマニアと呼ばれる愛好家もいますし、もしも自分の好きな趣味のものが禁止されることになれば、

好きな人がそれに反対しようとすることは分からなくありません。

また全米ライフル協会がロビー活動を行うことも、

ある意味では自分たちの仕事を守りたい気持ちもあると思いますし、

銃の規制が進むと今の自分の仕事ができなくなるかもしれないと考えると、

それを防ぎたくなる気持ちも分からなくありません。

ただアメリカには身を守るために銃を持つ文化があるとしても、

今回のような銃の乱射事件の場合、防ぐことが非常に難しかったと思いますし、

まさか400m離れたビルから撃ってくるとは想像もしていなかったと思います。

また反撃するとしても、どこから撃ってきているのか?

それを即座に判断することも非常に難しかったと思います。

攻撃する側は場所や時間が分かっても、攻撃される側にはそれが分かりませんので、

今回の事件のように撃ってきた場所も時間も想定外というケースの場合には、

攻撃する側が圧倒的に有利になると思います。

今回のようなケースは特殊なケースなのかもしれませんが、

銃で身を守ることには限界があるようにも思えます。

そう考えると日本人の私は、銃を規制した方が良いのではないかと思ってしまいますが、

ただ銃を持つことの伝統が根付いているアメリカで、銃を規制することはなかなか難しいと思いますし、

銃器メーカーがその技術を他に転用するなどから、

他の仕事を生み出す時間も少なくとも必要だとも思います。

全米での少しずつの規制から、銃器メーカーに他の仕事を作るように仕向けながら、

徐々に規制を強めていく方法を取らないと、強い反発にあうことが予想されます。

またアメリカには銃に対する根強い文化もありますので、簡単には銃規制は進まないかもしれませんが、

今回のような事件の場合には、銃を持っていても反撃することが難しいですので、

銃を持たない方が良いのでは、と考える人が増えることもあるのかもしれませんし、

長期的な視点で取り組んでいけば、いつかアメリカでも銃規制が進んでいく機運が生まれるのかもしれません。

終わりに

私自身は日本人で、アメリカに住んだこともありませんので、

アメリカに暮らす人たちの肌感覚はなかなか分からない部分もありますが、

こうした事件が起こるたびに、銃規制が進んで欲しいと思う部分もあります。

コンサートを楽しむ気持ちで会場に行きながら、

一方で周りの他の人を疑わなければならない状況になってしまうことは、

それは非常に難しく辛い気持ちだとも思います。

また誰もが順調な人生を送れるとは限らない中で、

人が自暴自棄になることがあることが人間の限界だとすれば、

そこで手元に銃があると、こうした事件が起こりやすくなるようにも思いますし、

せめて今回の事件で使われたような高性能の銃の規制が進んで欲しいと願いながら、

今回の文章の終わりにさせていただきたいと思います。

スポンサーリンク

良かったらこちらを