稲田防衛大臣辞任 日報の隠蔽問題と防衛省の特別防衛監察の結果

稲田大臣が辞任することになりましたが、

その点については以下のページにも記載したことになります。

稲田防衛大臣 辞任の意向を固めるとの報道~北朝鮮の懸念の中で

7月28日には防衛省の特別防衛監察の結果が公表されましたので、

ここでは報道されていることを元に、

稲田防衛大臣の辞任とその結果を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

稲田防衛大臣辞任 日報の隠ぺい問題と特別防衛監察の結果

今回、防衛省で行われた特別防衛監察では、

「陸自における日報データの存在について

 何らかの発言があった可能性は否定できないものの

 陸自における日報データの存在を示す書面を用いた報告がなされた事実や、

 非公表の了承を求める報告がなされた事実はなかった。

 また防衛大臣により公表の是非に関する何らかの方針の決定や了承がなされた事実もなかった。」

という結果が公表されました。

このタイミングで稲田防衛大臣も辞任して、もやもやした気持ちしかないんですけど、

報道(ひるおび)によると、

「何らかの発言があった可能性は否定できないものの」ということについては、

「話している」と言っている人と「話していない」と言っている人がいる、ということで、

だから「可能性は否定できない」という書き方になっているようですが、

それならば「事実はなかった」と断言するのはおかしい、というのは納得のいく説明でした。

言った言わないの水掛け論ですから、結論が出るわけありませんし。

また報道によると防衛監察というものは、

「防衛大臣の指示」により職員の不正行為を観察するもので、

身内が身内を調査するようなものだと言われています。(ひるおびより)

それを稲田防衛大臣が指示して行った上、自らについても聴取されていましたが、

大臣については無いと言い切ればそれで終わり、という甘い調査にしかなりませんし、

そのため防衛省の監察側としても、

「任意の調査ではこれが精一杯の結論だ」と述べ、

調査の限界を率直に認めた、と伝えられています。(ひるおびより)


スポンサーリンク

稲田防衛大臣辞任 その後の様子に関する違和感

また7月28日の報道ステーションを見ていると、

稲田防衛大臣はどこか笑顔も見えていましたし、

防衛大臣を辞任して心境を問われた時には、

「空(くう)です。」と稲田防衛大臣は答えていました。

ん?と個人的にはここには疑問を感じる点があって、

もしも自分自身が同じ立場で、実際に日報データについて報告を受けていなくて、

日報データの隠ぺいにも関与していなくて、これまでの発言にウソ偽りがないのに、

それで大臣を辞任することになったとしたら、悔しくて仕方がない気がしてしまいます。

ですが稲田防衛大臣には笑顔も見えましたし、心境は「空(くう)」と言います。

え?悔しくないのかな?この人は、というのが率直な感想で、

その点には何か普通とは違う印象を持ちました。

そもそも日報の問題がクローズアップされてきた中で、

日報データの存在を報告されていないことがもしも事実だとしても

防衛省も自衛隊も、掌握はできていなかったことの証明にも思えます。

また今後は再び国会で、閉会中審査が開かれる予定でしたが、

大臣という立場でなければ、閉会中審査に出席しなければいけない義務はないそうです。

敵前逃亡という指摘もありましたが、

大臣という立場を離れてしまえば、これ以上の批判を受けなくて済む、

ということで、あの笑顔があり「空」という心境だったのか・・・

終わりに

安倍総理も第三者による調査については後ろ向きで、

先日の閉会中審査でも、防衛監察については

「独立した立場から厳正かつ公正に調査を行うものと承知している」

と答弁していましたし、今回の防衛監察の結果についても、

「全容の解明を果たした」と言っていましたが、

防衛監察の結果と、稲田防衛大臣のこのタイミングでの辞任、

そして閉会中審査が今後行われるということを重ね合わせていくと、

疑問がより深まった印象を受けてしまいます。

また実際に、防衛省の監察側が「任意の調査ではこれが精一杯の結論だ」と述べて、

調査の限界を率直に認めています。

そう考えると安倍総理の発言もよく分かりませんが、

森友学園も加計学園の問題もそうですが、

疑惑があるといつもこうした形で幕引きを図るのが安倍総理の政治姿勢なのでしょうか?

また安倍総理も日報のデータの存在について「報告を受けていない」と言いますし、

菅官房長官も日報問題を問われると、南スーダンの状況については、

「きわめて安全な状況の中で」と答えていました。

その日報には「戦闘」と書かれていたんですけど、

菅官房長官もこのことはご存知ないのでしょうか?

それなら自衛隊を掌握できているのは、今の政権では誰になるんでしょう?

安倍総理でもなく防衛大臣でもなく、菅官房長官でもないとすれば、

一体誰が?・・・・

また南スーダンのことは国会でも議論されてきましたが、

日報について報告を受けていなかった政府側は、

一体何を元にして国会で答弁してきたのでしょう?

日報の問題は、謎が謎を呼ぶことになっている気がします・・・

また稲田防衛大臣も、

「改めるべき隠ぺい体質があれば私の責任で改善していきたい」

と国会で答弁していましたが、

自身が言っていることが本当で、報告を受けていないことも本当だとすれば、

ここでの本当の責任の取り方は、国会での答弁で語ったように、

隠ぺい体質があればそれを改善することのはずです。

しかし辞任することになりましたが、

それなら隠ぺい体質を改善したいというあの答弁は、

一体何だったのか?と思わされます。

国会での答弁ってそんなに軽いんですかね。軽くて良いんでしょうか?

それなら誰でも務まりそうな気もしますが・・・

スポンサーリンク

良かったらこちらを