閉会中審査に問われる加計学園問題 答弁の疑問と岩盤規制は悪?

安倍総理が参加する閉会中審査が行われていますが、

現在までの答弁を聞いていると私なりに感じる疑問があります。

また政府は岩盤規制に穴を開けると声高に言っていますが、

そもそも岩盤規制は本当に悪いものなのでしょうか?

現在行われている閉会中審査と岩盤規制について、ここでは考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

閉会中審査の加計学園問題の質疑 証人喚問ではなく参考人招致なのはナゼ?

今回はじめて内閣府の和泉総理補佐官が出席されました。

前回の閉会中審査には出てこなかった方で、

前川前事務次官に「総理は自分の口から言えないから、私が代わりに言う」

と発言したと言われています。

ただ今回は「参考人招致」ですので、

ウソをついたとしても罪に問われることはありません。

無罪ならば、ウソをつくと偽証罪に問われる「証人喚問」でも良いのではないか?と、

以前から常々思っていましたが、

なぜか政府与党は、証人喚問に応じる気配がありません。

そこには何があるのか?

その点については政治の動きを見ている方はすでに充分にお分かりかと思います。

また和泉総理補佐官は、先ほどの発言については否定していました。

閉会中審査が行われることは以前から報道されていましたが、

政府関係者が認めることは無いのだろうと思いますし、

(今後の出世に響くんでしょうか。佐川理財局長は国税庁長官になりましたし。)

おそらく政府関係者が否定することは予定通りで、

閉会中審査では言った言わないの水掛け論に終始するでしょう。

ただ答弁を聞いていると疑問な点はあります。

閉会中審査の加計学園問題の質疑 和泉総理補佐官の答弁を聞いて

和泉総理補佐官は、前川前事務次官との面会については、

「記録が残っておらず、確認できない」と答弁しています。(ひるおびより)

もしもそうだとすると、この和泉総理補佐官はいつもそうした仕事ぶりなのでしょうか?

総理にかなり近い「総理補佐官」という立場の方であれば、

いつ誰と会うかということは、いつも手帳に記しているはずで、

その記録は通常であれば残していると思われます。

総理に近い立場なのですから、総理から何か聞かれることは多いようには思えますし、

その時に手帳を見て、間違いない情報であることを確認すると思います。

ですが今回は、「記録が残っておらず、確認できない。」と答弁されています。

それなら和泉総理補佐官という方は、いつもそうした仕事ぶりなのでしょうか?

総理に何か聞かれても「記録が残っていないから確認できない」と答えるのでしょうか?

もしもその答弁が本当だとすると、総理の近くという国の中心にいる方が、

そうした人では困る、いや怖いな、

と思ってしまいます。

スポンサーリンク

閉会中審査の加計学園問題の質疑 岩盤規制に穴を開ける必要はあるのか?

また和泉総理補佐官は、国会での答弁で

「岩盤規制改革を全体としてスピード感を持って進めるんだ」

と発言しています。

ただこれまでの国会での答弁でも、

獣医師の将来の需要については、明確な数や量というデータが出てきてはいません。

ここで「岩盤規制」について考えたいと思いますが、

どこか「岩盤規制に穴を開ける」と言われると、

それが良いことのように思える部分があるように思えます。

私自身はその点に疑問を感じていて、

以前には裁判官や弁護士などを増やそうと、司法試験の合格者を増やしたことがありましたが、

その結果、司法試験に合格しても仕事にありつけない人が多くなり、

その後に弁護士などを目指す人が激減したと言われています。

(参考:NHKホームページ 解説委員室「弁護士激増と司法の課題」

 →http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/250421.html

弁護士も医者もそうですが、その資格を得るまでに時間もお金もかかる職業で、

それなのに資格を得てから仕事にありつけないことになれば、

医者になれるというニンジンをぶら下げておきながら、

実はその道に落とし穴を作っているように私には思えます。

それなら最初から大学に入れる人を少なくしておき、

夢破れた若者には早い段階で、別の仕事を目指してもらった方が良いようにも思えます。

また弁護士など司法試験の合格者数を増やしたことで、弁護士などを目指す人が減ったように、

獣医学部を作っていっても獣医師としての仕事にありつけなければ、

それが噂として伝わり、獣医師を目指す人が減ることもあるかもしれません。

岩盤規制に穴を開けてもそうした事態にならないためには、

やはり将来の獣医師の需要という、きちんとした裏付けとなるデータが求められるところですが、

現在までそうしたデータは出てきていません。

本当に獣医師が不足しているのであれば、

岩盤規制に穴を開けることには意味があると思いますが、

獣医師が不足してもいないのに岩盤規制に穴を開ければ、

獣医師の不足を招いてしまい、結果的にウイルスなどの対策が後手に回るようになるかもしれません。

そういう意味では、

「岩盤規制=悪」という図式は、実は成り立たないように私には思えますが、

みなさんはいかがお考えでしょうか?

終わりに

国会での答弁を聞く時には、

言っていることが本当だとすると・・・

いつもそんな仕事ぶりなのかな?・・・

という観点で私は見るようにしています。

そうすると国会での答弁に違和感を感じることがあります。

またどちらかと言えば、私自身は政府には批判的な考えで、

やはり人間は権力を持てばタガが外れるように思えます。

また森友学園の問題を含めて本当に問題なのは、

国民の財産である土地を安く売られたり、

必要があるか分からない獣医学部の新設に多額の税金を投入されるなど、

私たち一般市民の財産や税金の使われ方の問題だと考えています。

そのために私の場合は政治的な発言をする際には、政府に批判的な目を持つようにしていますが、

今後も閉会中審査には注目していきたいと思います。

スポンサーリンク

良かったらこちらを